非公式解説 第311回 新ニッポンの話芸 ポッドキャスト - 司会・インタビューのスキル(18/10/5 配信)

毎週金曜日に配信される「新ニッポンの話芸」のポッドキャスト。以前は毎月行われていた同名の落語会ですが、今では年に数回しか開催されないため、この3名の噺家とそのプロデューサーが集まってしゃべりまくるこのポッドキャストはとっても貴重な場です。すでに配信数も多くなりましたが、昔の配信も入手できますので、それぞれの回にどんな話題が取り上げられているのか、非公式ですが記録に残しておきたいと思います。

次回「新ニッポンの話芸」は2019/1/17(木)開催
チケットは10月13日から発売開始です。
成城ホールトップページ

馬るこ師匠 主任番組 新宿末廣亭 10月上席 昼の部
新宿末廣亭でのトリ出演です
新宿末廣亭

こしら師匠 パーソナリティのラジオ番組
SHIBA-HAMA ラジオ|文化放送

萬橘師匠 九州上陸 博多・天神落語まつり
博多・天神落語まつりオフィシャルサイト

新ニッポンの話芸 ポッドキャスト第311回 - 司会・インタビューのスキル

配信日:2018/10/5 www.rakugo-podcast.com

出演者
鈴々舎馬るこ
立川こしら
三遊亭萬橘
広瀬和生  

まとめ録りの1本目と思われる。  

内容

大学生の落語大会であるてんしき杯のDVDをたまたま見たこしら師匠が、馬るこ師匠の司会ぶり、インタビューのうまさについて絶賛。馬るこ師匠がその秘訣を語る。珍しく馬るこ師匠の良いところをみんなで褒める会になっているが、そう簡単にはいかないところが聞きどころ。萬橘師匠が絶好調。

キーワード

てんしき杯
桂小梅

今日の一言

プロデューサーはイヤミが言えないと死んじゃう

私の内容評価(3段階で3が最高)

3点

萬橘師匠がまだ疲れていない。

非公式解説 第310回 新ニッポンの話芸 ポッドキャスト - 学校寄席(18/9/28 配信)

毎週金曜日に配信される「新ニッポンの話芸」のポッドキャスト。以前は毎月行われていた同名の落語会ですが、今では年に数回しか開催されないため、この3名の噺家とそのプロデューサーが集まってしゃべりまくるこのポッドキャストはとっても貴重な場です。すでに配信数も多くなりましたが、昔の配信も入手できますので、それぞれの回にどんな話題が取り上げられているのか、非公式ですが記録に残しておきたいと思います。

次回は2019/1/17(木)開催 チケットの販売は10月中旬と発表がありました
成城ホールトップページ

馬るこ師匠主任番組 新宿末廣亭 10月上席 昼の部   上野鈴本演芸場でのトリにつづき新宿末廣亭でのトリ番組です。夜の部は落語協会の真打ち披露興行で、昼夜入れ替えのない新宿末廣亭なので、馬るこ師匠の噺をきいてそのまま夜の部になだれ込もう。
新宿末廣亭

新ニッポンの話芸 ポッドキャスト第310回 - 学校寄席

配信日:2018/9/28

出演者
鈴々舎馬るこ
立川こしら
広瀬和生  

三遊亭萬橘(欠席)

まとめ録りの4本目と思われる。  

内容

地元での落語界に呼ばれなくなったこしら師匠だがその理由は?馬るこ師匠は地元山口でのイベントに良く呼ばれているが、人との関係が大切と説く。こしら師匠が学校寄席に出演する時のポリシーとそのポリシー故に呼ばれなくなってしまうことが語られる。それでもこしら師匠が好き放題にやっている学校寄席が数カ所あるらしい。子供が来ている寄席でばれ噺を披露してしまった馬るこ師匠は最近寄席から顔付けされなくなった。

キーワード

千葉県東金出身落語家
- 桂京丸
- 立川こしら
- 柳家吉緑

今日の一言

東金では先輩から〇をあてがわれる。

私の内容評価(3段階で3が最高)

1点

萬橘師匠がいないとね。

非公式解説 第295回 新ニッポンの話芸 ポッドキャスト - 立川こしらオーストラリア公演(18/6/15 配信)

毎週金曜日に配信される「新ニッポンの話芸」のポッドキャスト。以前は毎月行われていた同名の落語会ですが、今では年に数回しか開催されないため、この3名の噺家とそのプロデューサーが集まってしゃべりまくるこのポッドキャストはとっても貴重な場です。すでに配信数も多くなりましたが、昔の配信も入手できますので、それぞれの回にどんな話題が取り上げられているのか、非公式ですが記録に残しておきたいと思います。

次回は2019/1/17(木)開催 チケットの販売は10月中旬と発表がありました
成城ホールトップページ

新ニッポンの話芸 ポッドキャスト第295回 - 立川こしらオーストラリア公演

配信日:2018/9/15

出演者
鈴々舎馬るこ
立川こしら(電話参加)
三遊亭萬橘
広瀬和生  

まとめ録りの1本目と思われる。  

内容

オーストラリア公演の最中のこしら師匠がメッセンジャーアプリを使って電話参加する画期的な企画。オーストラリアでの生活について聞く会。こしら師匠が遠くにいるために、日本にいる3人の突っ込み度合いが激しい。とくに萬橘師匠はいつも以上に生き生きしている。内容は薄い。

キーワード

宿泊場所のロビーでは〇〇をやっていた。
全然怖くないや、顔も見えないし。
ホテルの裏で夜中じゅうフ〇〇〇ンって言っている。

今日の一言

足代で足が出る。

私の内容評価(3段階で3が最高)

1点

内容が薄い。

非公式解説 第309回 新ニッポンの話芸 ポッドキャスト - てんしき杯2018(18/9/21 配信)

毎週金曜日に配信される「新ニッポンの話芸」のポッドキャスト。以前は毎月行われていた同名の落語会ですが、今では年に数回しか開催されないため、この3名の噺家とそのプロデューサーが集まってしゃべりまくるこのポッドキャストはとっても貴重な場です。すでに配信数も多くなりましたが、昔の配信も入手できますので、それぞれの回にどんな話題が取り上げられているのか、非公式ですが記録に残しておきたいと思います。

次回は2019/1/17(木)開催 チケットの販売は10月中旬と発表がありました
成城ホールトップページ

新ニッポンの話芸 ポッドキャスト第309回 - てんしき杯2018

配信日:2018/9/21

出演者
鈴々舎馬るこ
立川こしら
三遊亭萬橘
広瀬和生  

まとめ録りの3本目と思われる。  

内容

毎年岐阜で開催される大学生の落語大会であるてんしき杯の話題。今年も馬るこ師匠が司会を担当し広瀬氏が審査員として参加した。今年は法政大学の健闘が目立った。法政大学落語研究会出身の萬橘師匠が二つ目時代に落語研究会名簿から削除された話に展開する。真打ち披露公演にも法政大学からはなにも送られてこなかった。以前法政大学の落語研究会にゲストとして呼ばれたときに、OBから萬橘師匠でない人に代えろと言われた。あるOBをもめてしまったのが原因だろう。最近はプロになるてんしき杯出身者が増えてきた。最後に広瀬氏がアドバイスをする、「ただうまいだけではなく、面白くやることを追求して欲しい。」

てんしき杯ブログ
てんしき杯のブログ - Yahoo!ブログ

馬るこ師匠の司会ぶりはこちらから


2018年てんしき杯 予選結果発表

てんしき杯のDVDは販売されているようです。
LOGIMONO

法政大学落語研究会のホームページ(ゆかりの演芸家のページ、萬橘師匠はまだ載っています)
法政大学ゆかりの演芸家たち - 法政落研ホームページ  

キーワード

てんしき杯
法政大学落語研究会名簿からの削除
明宝ハム

今日の一言

萬橘師匠が一番ロックだ。

私の内容評価(3段階で3が最高)

2点

てんしき杯を聴けないので。DVD買うまでもないよなぁ。

非公式解説 第296回 新ニッポンの話芸 ポッドキャスト - 立川こしらオーストラリア公演-2(18/6/22 配信)

毎週金曜日に配信される「新ニッポンの話芸」のポッドキャスト。以前は毎月行われていた同名の落語会ですが、今では年に数回しか開催されないため、この3名の噺家とそのプロデューサーが集まってしゃべりまくるこのポッドキャストはとっても貴重な場です。すでに配信数も多くなりましたが、昔の配信も入手できますので、それぞれの回にどんな話題が取り上げられているのか、非公式ですが記録に残しておきたいと思います。

次回は2019/1/17(木)開催 チケットの販売は10月中旬と発表がありました
成城ホールトップページ

新ニッポンの話芸 ポッドキャスト第296回 - 立川こしらオーストラリア公演-2

配信日:2018/6/22

出演者
鈴々舎馬るこ
立川こしら(電話で参加)
三遊亭萬橘
広瀬和生  

まとめ録りの2本目と思われる。  

内容

こしら師匠がオーストラリア・メルボルンからメッセンジャーアプリで参加する画期的な収録会の2回目。外国で自由な気分になっていると思われるこしら師匠にピー音で消さないといけない質問が多く投げかけられる。こしら師匠の暮らしぶりやオーストラリア人の暮らしぶりについて話題になる。日本からの移住者は長い間日本の文化から離れているので、落語も談志師匠や5代目圓楽師匠で止まっている。現地の人たちは酔っ払うとこしら師匠を宿泊先まで送るのを忘れてしまう。こしら師匠からの反撃してこないため萬橘師匠が言いたい放題になっている。

キーワード

火焔太鼓
短命
子ほめ
時そば
死神
現地ラジオ出演
www.sbs.com.au

今日の一言

オーストラリアは〇流しの島ですので〇〇者に優しい。

私の内容評価(3段階で3が最高)

2点

電話参加という珍しさで。

非公式解説 第308回 新ニッポンの話芸 ポッドキャスト - 師弟関係(18/9/14 配信)

毎週金曜日に配信される「新ニッポンの話芸」のポッドキャスト。以前は毎月行われていた同名の落語会ですが、今では年に数回しか開催されないため、この3名の噺家とそのプロデューサーが集まってしゃべりまくるこのポッドキャストはとっても貴重な場です。すでに配信数も多くなりましたが、昔の配信も入手できますので、それぞれの回にどんな話題が取り上げられているのか、非公式ですが記録に残しておきたいと思います。

次回は2019/1/17(木)開催 チケットの販売は10月中旬と発表がありました
成城ホールトップページ

新ニッポンの話芸 ポッドキャスト第308回 - 師弟関係

配信日:2018/9/14

出演者
鈴々舎馬るこ
立川こしら
三遊亭萬橘
広瀬和生  

まとめ録りの2本目と思われる。  

内容

前回の流れから立川談志師匠、鈴々舎馬風師匠の物まねでじゃれあう。師匠の理不尽な要求に対して前座としてどのように対処すべきなのか、馬るこ師匠の例、こしら師匠の例、萬橘師匠の例を取り上げて、同門の若手達やそれぞれが起こしたしくじりについて突っ込みを入れ合う。また、志らく師匠に名前を忘れられてしまうこしら師匠、ついでに萬橘師匠にも忘れられてしまう。話題が散漫な会になった。  

キーワード

どんど焼き
立川志っ平
マグナム小林
道路のマンホール
負の信頼関係

今日の一言

〇〇のうすばかやろう。こぶ平に戻すぞこのやろう。

私の内容評価(3段階で3が最高)

1点

収録2本目でこのクオリティー。

非公式解説 第297回 新ニッポンの話芸 ポッドキャスト - 落語・音楽業界のマネジメント(18/6/29 配信)

非公式解説 第297回 新ニッポンの話芸 ポッドキャスト - 落語・音楽業界のマネジメント(18/6/29 配信)

毎週金曜日に配信される「新ニッポンの話芸」のポッドキャスト。以前は毎月行われていた同名の落語会ですが、今では年に数回しか開催されないため、この3名の噺家とそのプロデューサーが集まってしゃべりまくるこのポッドキャストはとっても貴重な場です。すでに配信数も多くなりましたが、昔の配信も入手できますので、それぞれの回にどんな話題が取り上げられているのか、非公式ですが記録に残しておきたいと思います。

2018/9/10に成城ホールで開催された新ニッポンの話芸いかがでしたか?
次回は2019/1/17(木)開催 チケットの販売は10月中旬と発表がありました
成城ホールトップページ

新ニッポンの話芸 ポッドキャスト第297回 - 落語・音楽業界のマネジメント

配信日:2018/6/29

出演者
鈴々舎馬るこ
三遊亭萬橘
広瀬和生  

立川こしら(欠席)  

まとめ録りの3本目と思われる。

内容

海外公演への同行を先輩落語家から誘われた若手二つ目の経済的な悩みを相談された馬るこ師匠。国内での仕事の機会を失ってまである程度の期間を海外で過ごすにはギャラが安すぎるらしい。音楽業界での同様の話に展開しスタジオに2ヶ月寝泊まりしつつ食費も支払われないボーカリストの話に進む。音楽業界ではマネージャーがとても重要であるし、バンドメンバーとマネージャーとのトラブル例やマネージメント事務所のステップアップについて音楽業界の例を中心に広瀬氏が披露する。また、落語界で起きたマネージャーがらみの話が語られる。落語業界でもマネージメントの重要性を参加者全員で確認して終わる。思いのほか萬橘師匠が食いつく。  

キーワード

海外公演
オフィス北野
落語芸術協会のマネージメントは良い
家族のマネージメントが一番安心できる

今日の一言

離婚したとたんにファンクラブの会報がこなくなった落語家がいた

私の内容評価(3段階で3が最高)

1点

ほとんど落語に関係ない。