laughcry’s blog

非公式解説 新ニッポンの話芸ポッドキャスト

非公式解説 第319回 新ニッポンの話芸 ポッドキャスト - 店の目利き(18/11/30 配信)

毎週金曜日に配信される「新ニッポンの話芸」のポッドキャスト。以前は毎月行われていた同名の落語会ですが、今では年に数回しか開催されないため、この3名の噺家とそのプロデューサーが集まってしゃべりまくるこのポッドキャストはとっても貴重な場です。すでに配信数も多くなりましたが、昔の配信も入手できますので、それぞれの回にどんな話題が取り上げられているのか、非公式ですが記録に残しておきたいと思います。

次回「新ニッポンの話芸」は2019/1/17(木)開催
チケットは10月13日から発売中です。
成城ホールトップページ

新ニッポンの話芸 ポッドキャスト第319回 - 店の目利き

配信日:2018/11/30
www.rakugo-podcast.com

出演者
鈴々舎馬るこ
立川こしら
広瀬和生  

三遊亭萬橘(欠席)

まとめ録りの4本目と思われる。

内容

林家こん平師匠の打ち上げの話からスタート。こしら師匠の弟子立川かしめの躾について話が進む。かしめが二つ目に昇進するためには25席をきちんとした師匠に指導してもらうことが条件になっているが、誰に稽古を付けてもらったらよいのか。その後昔の師匠達の余興の話に進む。馬るこ師匠の営業先での肉探し失敗の話が披露される。おいしいものを見極める舌自慢の話が始まるが、馬るこ師匠のお薦めの店とは、、、

今日の一言

店の内装にだまされて味がわからなくなる。

私の内容評価(3段階で3が最高)

1点

面白い話がない。