laughcry’s blog

非公式解説 新ニッポンの話芸ポッドキャスト

非公式解説 第300回 新ニッポンの話芸 ポッドキャスト - 名人の未商品化映像/馬るこ師匠寄席のトリ(18/7/20配信)

毎週金曜日に配信される「新ニッポンの話芸」のポッドキャスト。以前は毎月行われていた同名の落語会ですが、今では年に数回しか開催されないため、この3名の噺家とそのプロデューサーが集まってしゃべりまくるこのポッドキャストはとっても貴重な場です。すでに配信数も多くなりましたが、昔の配信も入手できますので、それぞれの回にどんな話題が取り上げられているのか、非公式ですが記録に残しておきたいと思います。

師匠方の魅力は落語会で一層輝きます。是非落語会にも足を運んでください。 次回落語会は2018/9/10(月)18:30 開演 成城ホール 成城ホールトップページ

新ニッポンの話芸 ポッドキャスト第300回 - 名人の未商品化映像/馬るこ師匠寄席のトリ

配信日:2018/7/20

出演者
鈴々舎馬るこ
三遊亭萬橘
広瀬和生

立川こしら(欠席)

まとめ録りの2本目と思われる。    

内容

5代目三遊亭圓楽中村仲蔵が映像化されていないのはもったいないとの話から始まり、広瀬氏が大学時代から録画していたコレクションに、3代目志ん朝師匠の元犬や5代目三遊亭圓楽師匠の中村仲蔵、目黒の秋刀魚、10代柳家小三治師匠の千早振るなど名人の貴重な映像が楽しいと自慢話をする。後半は上野鈴本演芸場の6月中席の夜席でトリを取った馬るこ師匠の騒動記。国立演芸場の花形演芸大賞の銀賞を受賞が決定し、急遽鈴本演芸場からトリ出演の依頼があった。寄席でトリを取るのは真打ち昇進披露公演以来になったが、昇進準備で奔走していた昇進披露公演とは異なり、10日間トリを勤めなければならない立場で落語に集中できプレッシャーがかかるが、悪いこと良いこと予期しないことが起きて、、、後は、ポッドキャストを聴いてください。

キーワード

花王名人劇場
国立演芸場の花形演芸大賞
上野鈴本演芸場
新宿末廣亭(10月上席の昼席でトリ出演)

上野鈴本演芸場での馬るこ師匠のトリネタ(初日〜10日)
青菜
千両みかん
鮑のし
禁酒番屋
時そば
船徳
転失気
大工調べ
青菜
鴻池の犬

今日の二言

今まで無駄にまくらが長かったんだ
新宿末廣亭ではがんばらない

私の内容評価(3段階で3が最高)

3点

馬るこ師匠の上野鈴本演芸場でのトリ出演時の貴重な話が聴ける。